文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

橿原市の弥生時代

県内の弥生時代の遺跡は、多くが生活と密接なつながりをもつ河川流域に分布しています。その中でも弥生時代を通じて生活が営まれた遺跡は拠点集落と呼ばれ、近隣の遺跡と密着に結びついていました。市内にはこの拠点集落と考えられている遺跡が5箇所あり、弥生人の生活に適していたのでしょう。遺跡同士の結びつきは大きなまとまりに変化していき、古墳時代への扉を開きました。

 

坪井・大福遺跡

坪井・大福遺跡

 

四分遺跡

四分遺跡

 

一町遺跡

一町遺跡

中曽司遺跡

中曽司遺跡

 

上ノ山遺跡

上ノ山遺跡

 

忌部山遺跡

忌部山遺跡

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114