文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

橿原市の古墳時代

古墳時代には、前方後円墳に代表される古墳が日本列島の各地で数多く造られました。その中でも奈良盆地はもっとも古くから、また、さかんに古墳が造られた地域のひとつとして知られています。
奈良盆地の南部にあたる橿原市域にも、総数600基を超える古墳が集合している新沢千塚古墳群(国史跡)や、奈良県内最大の前方後円墳である丸山古墳(国史跡)などの著名な遺跡があります。

 

新沢千塚古墳群

新沢千塚古墳群

 

南山古墳群

南山古墳群

 

四条古墳群

四条古墳群

弁天塚古墳

弁天塚古墳

 

桝山古墳(崇神天皇皇子倭彦命墓)

桝山古墳(崇神天皇皇子倭彦命墓)

 

鳥屋ミサンザイ古墳(宣化天皇陵)

鳥屋ミサンザイ古墳(宣化天皇陵)

沼山古墳

沼山古墳

 

丸山古墳(畝傍陵墓参考地)

丸山古墳(畝傍陵墓参考地)

 

植山古墳

植山古墳

菖蒲池古墳

菖蒲池古墳

 

小谷古墳

小谷古墳

 

日高山古墳群と横穴墓群

日高山古墳群と横穴墓群

岩船横穴墓群

岩船横穴墓群

 

岩船

岩船

 

四条大田中遺跡

四条遺跡【大田中地区】

東坊城遺跡

東坊城遺跡

 

曽我遺跡

曽我遺跡