ホーム > 引越し・住まい > 住まい > 金銭的支援 > 既存木造住宅省エネルギー改修工事等補助事業

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

既存木造住宅省エネルギー改修工事等補助事業

木造住宅の省エネルギー改修工事等に対して、補助金を受けることができます。

平成29年度申請受付中です。

対象となる住宅

次の要件を全て満たす住宅です。

  • 用途:一戸建ての住宅または長屋
  • 構造:木造
  • 階数:2以下

※改修する前の省エネルギー性能が、日本住宅性能表示基準の省エネルギー対策等級3以下である住宅に限ります。

※兼用住宅については、住宅以外の部分が全体の2分の1未満であるものが対象です。

対象となる省エネルギー改修工事等

 断熱工事(熱損失防止改修工事の要件と同等以上に適合するよう改修する工事)及び、ヒートショック予防の為の健康に配慮した住宅の改修工事

(1)窓の断熱改修工事(※必須)
(2)(1)の改修工事と併せて行う「床」、「天井・屋根」、「壁」の断熱改修工事
(3)(1)の改修工事と併せて行う健康に配慮した住宅の改修工事
※健康に配慮した住宅の改修工事は、「脱衣所」「トイレ」に設置する壁掛け暖房設備、床暖房、暖房便座。
※熱損失防止改修工事の要件(地方税法附則第15条の9第9項規定)

 

補助対象者

次の要件を全て満たす方です。

  • 対象となる建築物の所有者または居住者
  • 年間所得が1,200万円以下
  • 市税を滞納していない

補助する金額

上限50万円

省エネルギー改修工事に対する補助金額

省エネルギー改修工事補助金額は下表を参照。

 

仕様

補助額(部位当り×箇所)

(1)
窓の断熱改修工事

□ ガラスの交換/枚数

0.1平方メートル以上

0.8平方メートル未満

3,000円

0.8平方メートル以上

1.4平方メートル未満

5,000円

1.4平方メートル以上

8,000円

□ 内窓設置及び外窓交換/箇所

0.2平方メートル以上

1.6平方メートル未満

8,000円

1.6平方メートル以上

2.8平方メートル未満

14,000円

2.8平方メートル以上

20,000円

 

 

断熱改修部位
(各断熱材と使用量)

補助額(部位当り)

(2)
「床」、「天井・屋根」、
「壁」の断熱改修工事

□ 外壁

A-1,A-2,B,C 3.0㎥以上
D,E,F  2.0㎥以上

60,000円

□ 屋根・天井

A-1,A-2,B,C 3.0㎥以上
D,E,F  1.8㎥以上

18,000円

□ 床

A-1,A-2,B,C 1.5㎥以上
D,E,F  1.0㎥以上

30,000円

 健康に配慮した改修工事に対する補助金額

健康に配慮した改修工事補助金額は下記1.2.のいずれか少ない額

  1. 対象改修工事上限額の合計額(下表参照)
  部分改修工事 上限額(部位当り)

(3)
健康に配慮した住宅の改修工事

□ トイレ床暖房

66,000円

□ 脱衣所床暖房

66,000円

□ 壁付脱衣所熱源暖房設備

27,000円

□ トイレ暖房便座

3,000円

2. 対象改修工事にかかる費用の3分の1(千円止)

その他

申請関係書類

添付書類

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部住宅政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?