ここから本文です。

更新日:2016年3月31日

浄化槽

下水道に接続していない家庭・事業所などのトイレが水洗式である場合、トイレから出る汚水は地下にある浄化槽で処理・消毒され敷地外へと流れ出ています。
浄化槽法により、この浄化槽を管理する義務は、浄化槽管理者(土地建物の管理所有者)にあります。
浄化槽から流れ出る水は、周囲の環境に大きな影響を与えます。浄化槽が正常に機能するよう法律で定められた義務を守ってください。

浄化槽管理者の義務

  • 年3回以上の保守点検
  • 年1回以上の清掃
  • 水質検査(11条検査)

浄化槽設置者の名義が変わる場合や、浄化槽を使用しなくなる場合には、奈良県景観・環境総合センター(電話番号:0744-43-3414)に届け出てください。

下水道に接続していれば、上下水道部からの「使用水量等のお知らせ」の料金欄に「下水道使用料」が表記されています。また、少量の水や泡が流れる簡易水洗と呼ばれるトイレもありますが、これは汲み取り式のトイレです。

用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せください。

お問合せ

所属課室:環境づくり部浄化センター(環境保全課)

橿原市東竹田町148-1

電話番号:0744-22-8333

ファックス番号:0744-22-8088

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?