ホーム > 人権・男女共同参画 > 講座・イベント情報 > 特定の職業に従事する方に対する研修

ここから本文です。

更新日:2016年2月26日

特定の職業に従事する方に対する研修

今までの「特定の職業に従事する方に対する研修」

2015年度

  • 日時:2015(平成27)年12月14日(月曜日)午後5時45分から午後6時45分
  • 場所:橿原市 水道局
  • 演題:「暮らしの中の人権」
  • 講師:橿原市 人権政策指導員

01

 今回は、水道局でお客様対応業務に携わっている方々を対象に、橿原市人権政策課指導員を講師に「暮らしの中の人権」について講演をいたしました。

 古来からの風習や習慣、自分自身の固定観念による思い込みなどが人権問題につながっているという話に、受講者からは「今後の接客業務に役立てたい」「知ることが人権問題の解決につながる」などの感想がよせられました。

2014年度

  • 日時:2015(平成27)年2月17日(火曜日)午後1時30分から午後3時まで
  • 場所:かしはら万葉ホール(研修室2)
  • 演題:「人権尊重の地域づくりのために」
  • 講師:一般財団法人良人権・部落解放研究所務局長平和幸さん

H26特定職業従事者研修

回は民生委員・児童委員の方々を対象に、人権尊重の社会づくりに貢献していくことを設立の趣旨とする一般財団法人奈良人権部落解放研究所で事務局長としてご活躍の大平和幸さんを講師にお迎えし、「人権尊重の地域づくりのために」と題してご講演をいただきました。

権問題に関する近年の事例や、地域で支えあう取り組みをもとにした講演に、参加者からは「市民、住民のつながり、村おこし等、良いお話を聞かせて頂いたので、これからの参考にしていきたい」「今後の民生委員活動に役立てたいと思います。」などの感想が寄せられました。

2013年度

  • 日時:2014(平成26)年2月5日(水曜日)午後1時30分から午後3時まで
  • 場所:かしはら万葉ホール(研修室2)
  • 演題:「『両側から超える』~被差別部落民の当事者責任について~」
  • 講師:関西大学非常勤講師田一郎さん

H25特定職業従事者研修

回は行政職員を対象に、関西大学・四天王寺大学で教鞭を取っておられる住田一郎さんを講師としてお招きし、「『両側から超える』~被差別部落民の当事者責任について~」と題してご講演をいただきました。

実際の取り組みをもとに、新しい視点から部落問題に向き合った講演に、参加者からは「部落差別に主眼を置きながらオープンな研修で大変聞いていて吸い込まれた」「パートナーシップという考え方がなるほどと思った。お互いが自由に話し合って、どうしていくかを考えていくことが大切だと思った」などの感想が寄せられました。

2012年度

  • 日時:2012(平成24)年12月14日(金曜日)午前10時00分から午前11時30分まで
  • 場所:かしはら万葉ホール(研修室2)
  • 演題:「地域社会で生きる」特別支援学校生徒の社会参加及び就労支援~
  • 講師:NPOならチャレンジド川義之さん

24特定

回は行政職員を対象に、特別支援学校生徒の社会参加や就労支援にご活躍中の赤川義之さんを講師にお迎えし、「地域社会で生きる」~特別支援学校生徒の社会参加及び就労支援~と題してご講演をいただきました。

像と実例を交えたわかりやすい講演に、参加者からは「具体的な取組みの話でよかったです。わかりやすかった」「健常者もやる気のない学生が就職できずにいる中で適所にやる気のある人材を採用できることは企業のためにもなると思う」「人のよさを見てそこを伸ばしていくべき。子ども(学生)のうちに心の豊かさをもってかかわっていくことが共に地域社会で生きていく助けになると思いました」などの感想が寄せられました。

2011年度

  • 日時:2011年(平成23年)8月17日(水曜日)後1時00分から午後3時30分まで
  • 場所:かしはら万葉ホール(研修室2)
  • 演題:「よくわかる学級ファシリテーション入門効果的なケース会議のすすめ方~」
  • 講師:人まちファシリテーション工房ょんせいこさん

23特定

回は公立小中学校の教職員の方々を対象に、ファシリテーターとしてご活躍中のちょんせいこさんを講師にお迎えし、「よくわかる学級ファシリテーション入門効果的なケース会議のすすめ方~」と題してご講演をいただきました。

ークショップを交えた実践的な講演に、参加者からは「実際にケース会議を行なうことによって、具体的に考えることができて役に立った。」「実践的ですぐにやってみようと思える研修で良かった」「とても具体的でぐいぐい引き込まれて聞かせていただきました。2学期からすぐにやっていきたいです」などの感想が寄せられました。

  • 2010年度

    • 日時:2010年(平成22年)5月21日(金曜日)

    午前の部)午前10時00分~午前11時30分午後の部)午後1時30分から午後3時00分まで

    • 場所:かしはら万葉ホール(研修室2)
    • 演題:「人権を基本とした人間関係が構築されたまちづくり」~行政職員と人権課題~
    • 講師:(財)奈良権・部落解放研究所事長兼所長澤亮一さん

    回は行政職員を対象に、財団法人奈良権・部落解放研究所事長兼所長である寺澤さんを講師にお迎えし、「人権を基本とした人間関係が構築されたまちづくり」~行政職員と人権課題~と題してご講演をいただきました。

    践的な講演に、参加者からは「相手の立場に立った思いやりのある行政を目指さなければならないと感じた」「人権の知識を身につけるだけでなく、行動につなげていくことが大事であると感じた」「知識だけでなく、技能を育て態度を培うことが大切であると感じた」「コミュニティー及び他人の気持ちを大切にすることの大切さを確認した」「寺澤先生自身のエピソードに感銘をうけた」「菟田野中学時代の話が印象に残った」などの感想が寄せられました。

    2009年度

    • 日時:2009年(平成21年)2月20日(金曜日)午後1時30分から午後3時30分まで
    • 場所:かしはら万葉ホール(レセプションホール)
    • 演題:「家族介護より障がい者の人権を考える」
    • 講師:松本サリン事件被害者野義行さん

    権に関わりの深い職業従事者を対象に、松本サリン事件の被害者である河野義行さんを講師にお迎えし、「家族介護より障がい者の人権を考える」と題してご講演をいただきました。
    件の被害者であるにもかかわらず被疑者として扱われた中で、冷静に判断し、いつも家族のことを考えて行動されていた姿に参加者からは、「家族を愛する思いに深い感動をうけました。」「自分が人権を守るために何をすべきかと答えを見つけられずにいたが、人権を尊重することが大切だと学びました。」「介護される人はどんな状況であっても『普通の人』である。という言葉が印象に残った。」「河野さんの人間性に感銘いたしました。」などの感想が寄せられました。

  • お問合せ

    所属課室:市民活動部人権政策課

    橿原市八木町1-1-18

    電話番号:0744-21-1090

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?