ホーム > 人権・男女共同参画 > 講座・イベント情報 > 「人権を確かめあう日」記念集会

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

「人権を確かめあう日」記念集会

毎月11日は、1965年8月11日に同和対策審議会答申が出されたことを記念して「人権を確かめあう日」と定められています。橿原市でも、人権侵害を許さない社会、差別撤廃の環境づくりに向けた取り組みの一環として、記念集会を開催しています。

2015年度「人権を確かめあう日」記念集会

 日 時: 平成 28年 4月 12日(火曜日) 確かめあう日講師先生

  午後1時30分 開会(午後1時 開場)

    午後1時30分 開会行事

    午後2時~ 講演

    午後3時30分 集会決議

 場 所: かしはら万葉ホール

 5階 レセプションホール

 講演内容: 「ヘイトスピーチから見えてくるもの」

 ~多様性がもたらす社会発展の鍵~

 講 師: 金 光敏(キム クァンミン) さん

 【特定非営利活動法人コリアNGOセンター事務局長】

 

 

 

 

 

今までの「人権を確かめあう日」記念集会の様子

2014年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2014年(平成26年)4月11日(金曜日)午後1時30分から午後3時45分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

みんなでめざそうがいを育てらしを高める「人権のまちづくり」“人権”「ひとごと」から「わがごと」へ~

演題

「共に生きる社会をめざそう!~障害者権利条約の批准に際して~」

講師

元・大阪市立大学教授智晴さん

H26tashikame126回目となる「人権を確かめあう日」記念集会では、元・大阪市立大学教授の堀智晴さんをお迎えし、障害者権利条約の批准と、障がいを持つ人と持たない人が共に生きられる社会をつくることの大切さについてご講演いただきました。

加者からは「障がい者の立場になることは、自分のことを考えることであると痛感しました」「普通とは、老人や子ども、あらゆる障がいのある方々が生活しやすい社会なのだと感じました」などの声が寄せられました。

2013年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2013年(平成25年)4月11日(木曜日)午後1時30分から午後3時45分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

ぬくもりやさしさをわかち合う「人権のまちづくり」~他者の「痛み」と向き合いよりそい~

演題

「胸をはって生きる私たちに…」

講師

音楽療法士本恭子さん25確かめ合う日

25回目の記念集会では、高本恭子さんをお迎えし、音楽療法について実際の医療現場での実例を交えてご講演いただきました。
加者からは「胸にうったえる、感動的な内容であった。音楽を大切にしたい。」「音楽と言葉で人は救われるし、傷つくこともある。」などの感想をいただきました。

2012年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2012年(平成24年)4月11日(水曜日)午後1時30分から午後3時45分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

みんなでめざそう人権のまちづくり~今年は全国水平社が創立されて90年~

演題

「インターネットと人権」~みんなでいっしょに考えてみたいこと~

講師

インターネットと人権について考える「奈良ふらっと」市民会議野博章さん

24確かめ合う日月11日の「人権を確かめあう日」の広まりを願い、県内一斉に開催される記念集会も24回目を迎えました。橿原市の記念集会では中野博章さんをお迎えし、インターネットによる人権侵害について実例を交えてご講演いただきました。
加者からは「インターネットのこわさをひしひしと感じることができた。」「知らなかったことばかりで驚きの反面恐怖さえ感じた。」などの感想をいただきました。

2010年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2010年(平成22年)4月9日(金曜日)午後1時30分から午後3時45分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

人権の輝きを求め共に生きる~“人権のまちづくり”へさらにさらに~

演題

「子どもの人権」~子どものおかれた状況~

講師

南都総合法律事務所護士野嘉雄さん

髙野嘉雄さん講演の様子

1989年に提唱設定された「人権を確かめあう日」記念集会も22回目を迎えました。
野さんには、犯罪者の生育歴に見られる犯罪者自身が受けた人権侵害から、子どもを育てるうえで「自尊感情」を育むことの大切さについて教えていただきました。
た、参加者からは「子どもに寄り添うことの大切さ、褒めることの大切さ、支え合う気持ちについて気付かせていただきました。」「犯罪を犯す子どもたちの育ってきた背景をよく検証することで、犯罪を起こさない社会をつくることができることを知った。」などの感想をいただきました。

2009年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2009年(平成21年)4月10日(金曜日)午後1時30分から午後3時45分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

人権尊重・人権の街づくりへの社会的雰囲気や世論をたかめる県民的機運とうねりをつくろう

演題

「共に生きる」~生まれてきてよかった、みんなつながって支えあって~

講師

オープンスペースAYUMI設長中晴美さん

胎中晴美さん講演の様子

1989年に提唱設定され、県民運動として高揚と定着をみています「人権を確かめあう日」記念集会が開催されました。胎中さんには、障がいのある人もない人も誰もがいきいきと暮らすためには、何が大切なことなのかということを、自らの体験談を交えて教えて頂きました。また、参加者からは「人の役に立つことの大切さを考えさせられました。」「わたしの地域にも共同作業所などがあります。訪問をしたり、交流を持ったこともあります。今後もこの講演で聞かせていただいたことを参考にしたいと思います。」などの感想をいただきました。

2008年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2008年(平成20年)4月11日(金曜日)午後1時30分から午後3時30分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

「世界人権宣言」採択から60年~“人権の街づくり”へより確かなあゆみを~

演題

日本の未来と多文化共生~在日外国人とどう向き合うべきか~

講師

大阪市立大学大学院経済学研究科一さん

朴一さん講演の様子

月11日が「人権を確かめあう日」と定められた1989年4月から20年目を迎えた日、お互いの違いを認め合い誰もが安心して豊かに生活できる共生社会をめざし、記念集会が行われました。
さんには、自分の生い立ちを語りながら、日本人にとってもっとも身近な外国人である在日コリアンに光をあて、日本の「内なる国際化」に問われた課題について教えていただきました。
た、参加者から「人権の共生について大変役に立ちました。」という感想をいただきました。

2006年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2006年(平成18)4月11日(火曜日)午後1時30分から午後3時30分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

集会テーマ

「違いを認めあう共生社会の確立を」~真の豊かさを感じあえる社会をめざそう~

演題

「真の豊かさを感じあえる社会をめざして」

講師

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会務局長田進さん

熱く語られている成田さん

1965年8月11日に同和対策審議会答申が出されたことを記念して、毎月11日は「人権を確かめあう日」と定め、人権侵害を許さない社会、差別撤廃の環境づくりに向けた取り組みの一環として記念集会が開催されました。
田さんから、日常生活の中でのいろんな場面で自分が、様々な人権問題に対してどの位置に立ち、どう向き合ってきたのかを見つめ直すことの大切さが語られました。
た、参加者から「様々な立場に立っても、正しい判断ができるようになりたい」と感想をいただきました。

2005年度「人権を確かめあう日」記念集会

日時

2005年(平成17年)4月8日(金曜日)午後1時30分から午後3時30分

場所

かしはら万葉ホール(レセプションホール)

対象

市民・各種団体

集会テーマ

「違いを認めあう共生社会の確立を」~人権侵害を許さない気運とうねりを確かなものに~

演題

「出会いに学ぶ」

講師

三輪山平等寺子孝法さん

丸子孝法さん講演の様子

平和と人権の21世紀」、すべての人権が尊重されお互いの違いを認めあい、平和に暮らすことのできる共生社会をめざして記念集会が行われました。
師の丸子孝法さんには、寺の復興のため取り組んだ托鉢行脚を中心に得られた多くの人々との出会いを、歌をまじえながら参加者の心を打つ話をして頂きました。

お問合せ

所属課室:市民活動部人権政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1090

ファックス番号:0744-24-9725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?