ホーム > 人権・男女共同参画 > 講座・イベント情報 > 2018世界の文化体験イベント

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

2018年7月15日(日曜日)に【2018世界の文化体験イベント・パート1.】を行いました!

日時:2018年7月15日(日曜日) 12時30分~15時30分 

場所:橿原市中央公民館 分館

☆内 容☆

民族舞踊・楽器演奏や食文化体験を通じて、文化交流を深めよう(コリアン文化・ペルー文化)

このイベントでは、外国の文化を楽しみながら、多文化共生の理解を深めたり、また、外国人市民の方には、自国の文化に触れて民族的自覚と誇りを高めたり、同胞や異なる外国の方どうしの出会いの場を設けたりすることを目的としています。

 

≪開会式の様子≫

 多くの橿原市内小中学生が参加してくれました。6つの班に分かれて楽しみました。

オープニング

 

≪コリアン民族舞踊「サムルノリ」の鑑賞≫ by在日コリアン青年連合(KEY)

 サムルノリ(사물놀이)とは、朝鮮半島の新しい打楽器合奏で「四物遊撃」四つの楽器で遊ぶという意味です。朝鮮の伝統楽器であるケンガリ・チン・チャング・プクで構成される音楽形態で現代音楽です。当日は在日コリアン青年連合(KEY)さんによる演奏を鑑賞しました。子供たちだけでなく、保護者の皆様も迫力のある演奏に魅了されました。

1サムルノリ

 

≪コリアン民族楽器のチャング・プクの体験≫

・チャング(장구)

 朝鮮半島の代表的な打楽器です。日本の鼓を大きくしたような形状で、砂時計形の胴の両面に皮を張った太鼓です。左皮面は左手指で打って低音を、右皮面は細い桴(ばち)で打って高音を出す。雅楽・俗楽ともに使用。

・プク(북)
「プク(太鼓)」は、木をくり貫き、両面に馬や牛の皮を張った太鼓です。

 子どもたちはチャング・プクの使い方を習い演奏をしてみました。参加した子どもたちから、「外国の楽器を使えて楽しかった」という感想が多数ありました。

楽器体験2楽器体験

 

≪ペルーの文化紹介・ペルーのダンス≫

ペルーの文化について学び、ペルーのダンス”かえるダンス・ゴリラダンス”をみんなで行いました。皆で楽しく元気に踊っていました。

ペルー

 

≪コリアンとペルーの食文化を学ぼう!≫

 コリアン料理のホットックとペルー料理のパパアラワンカイーナの二品を作りました。

◎ホットック…小麦の生地にシナモンやナッツが入ったシュガーを入れて、丸めてつぶしながら焼く

◎パパアラワンカイーナ…ゆでたジャガイモと卵にチーズのソースをかけて食べる料理です。

 みんなで怪我なく上手に作れました。班長さんも大活躍でした。このあと、韓国のトウモロコシ茶

 と一緒に頂きました。感想では、とてもおいしかったとのことでした。

作業中加工2

 加工1

 

イベントを終えて

 このイベントでは、子どもたちへの多文化共生の教育・啓発・推進、また、国際理解を深めるきっかけになるようにと実施しています。子どもたちのイベントの感想からは、「もっといろんな国について知りたい」や「ペルーと韓国の文化で日本と似ているところ・全然違うところを感じられた」「お友だちができてうれしかった」など、異文化交流・お友だち交流ができたようです。同じ橿原市民で、いろんな文化を持つ方がいることに気づき、また出会い、繋がる場になれるよう「文化体験イベント」は次回に続きます。

 たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

 多文化

 次回:2018年12月1日(土曜日)

多くのご参加おまちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月2日(土曜日)に【2017世界の文化体験イベント】を行いました!

 12月2日(土曜日)に【2017世界の文化体験イベント】を行いました。多くの方にご参加いただきました。参加者の笑顔があふれるイベントになりました。ありがとうございました!

イベント概要

 このイベントでは、外国の文化を楽しみながら、多文化共生の理解を深めたり、また、外国人市民の方には、自国の文化に触れて民族的自覚と誇りを高めたり、同胞や異なる外国の方どうしの出会いの場を設けたりすることを目的としています。

日時:2017年年12月2日(土曜日) 10時00分~14時30分 

場所:かしはら万葉ホール(小房町)1階多目的ロビー

☆内 容☆ フィリピン文化・コリアン文化・タイ文化を体験しよう!

【フィリピン文化】 ティニクリン(バンブーダンス)/ バハイ・バボイ・バーギョ

 ◎「ティニクリン」とはフィリピンやタイに伝わる竹を使った民族舞踊です。三拍子のリズムに合わせて2本の長い竹の間をを上手にステップしながら踊ります。この遊びでは、子どもたちは機敏に竹棒をかわし、軽快なリズムで踊られていました。音楽に合わせてステップをこなしてる姿には参加者、見学者ともに笑顔がこぼれていました。

 ◎「バハイ(家)・バボイ(豚)・バーギョ(嵐)」では三人一組で「家役・豚役・嵐役」を決め、掛け声に合わせてポーズをとります。リーダーが「家・豚・嵐」のいずれかを叫ぶと、その役の人が急いで別の3人組をつくります。3人組になれなかった人が次のリーダーとなります。こちらも簡単で小さなお子様から大人まで遊べるので、多くの方にご参加いただきました。

 《ティニクリン》   《バハイ・バボイ・バーギョ》

 ティニクリンバハイ

 

【コリアン文化】 大型紙芝居「トケビのかなぼう」/ハングルのパズルに挑戦しよう!

 ◎大型紙芝居の「トケビのかなぼう」をみんなででは韓国では有名な昔話です。大きな紙芝居で”正直でいることの大切さ”を学びました。こどもたちはじっと真剣に物語を聞いていました。

 ◎ハングルのパズルに挑戦しよう!では、ハングル文字を知らなくても下に動物の絵が書いてあるのがヒントとなり、つなぎ合わせます。皆で相談しあって完成させました。ハングル文字の形を見て「むずかしいなぁ~」とつぶやいてる子もいました。

 《大型紙芝居「トケビのかなぼう」》 《ハングルのパズル》

とけびパズル

 

【衣装体験】 

衣装体験では、韓国の民族衣装のチマチョゴリ(女性)、パジチョゴリ(男性)を着用し、記念撮影を行いました。写真はご家族に1枚プレゼントとさせていただきました。参加者の皆様は鮮やかな民族衣装体験を楽しまれていました。

  衣装

 

 

 

 

お問合せ

所属課室:市民活動部人権政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1090

ファックス番号:0744-24-9725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?