ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権擁護委員

  • かしはら探訪ナビ 観光 世界遺産 登録をめざして 文化財
  • 3館スタンプラリーバナー 
  • INAC神戸レオネッサは世界遺産登録を応援しています
  • ふるさと納税バナー(小)
  • 日本遺産バナー小
  • みんなでつくろう橿原市 橿原市市民協働ひろば
  • 橿原市フォトライブラリーバナー
  • ウォーキングで脱メタボライダー!!かしはら元気応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

人権擁護委員

人権擁護委員とは

人権擁護委員のイメージ

権擁護委員は、市町村(特別区を含む。)の区域で人権擁護活動を行う、法務大臣から委嘱された民間の人たちです。この制度は、地域住民の中から人格見識の優れた人たちを選び、その協力を得て、国民の日常生活の中で人権尊重思想の普及高揚を図るとともに、人権侵害による被害者を救済し、人権を擁護していくという考えから設けられたもので、諸外国にその例を見ないものです。
権擁護委員は、人権擁護について理解のある社会事業家、教育者、報道関係者、弁護士など様々な分野から選ばれ、平成22年4月1日現在、全国で約14,000名(うち女性委員が約5,900名)の方が法務局・地方法務局の職員とともに、人権侵害事件の調査処理、人権相談、人権啓発活動などを行っています。

人権擁護委員の委嘱の流れ

人権擁護委員の委嘱の流れのイメージ

権擁護委員の委嘱にあたっては、まず、市町村長が人権擁護委員にふさわしい候補者(人格見識が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について深い理解のある人)を選び、議会の意見を聞いた上で法務局・地方法務局へ推薦します。法務局・地方法務局では、弁護士会および人権擁護委員連合会に意見を求めて検討した後、法務大臣が委嘱します。

葛城人権擁護委員協議会第五部会(橿原市)の主な活動

  • 人権相談
  • 人権啓発活動
  • 人権侵害による被害者の救済

1年間の活動

  • 常設人権相談開設(年間を通して)
  • 特設人権相談開設(年間を通して)
  • 平成29年6月2日は特設人権相談日です 相談時間10:00~17:00
  • 中学生人権作文コンテスト
  • 全国一斉「子ども人権110番」強化週間
  • 差別をなくす強調月間
  • 全国一斉「高齢者・障がい者の人権あんしん相談」強化週間
  • 子ども人権SOSミニレターの取組
  • 「親子で読める子どものための啓発冊子」活動
  • ならヒューマンフェスティバル
  • 葛城「人権の花」運動
  • 全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間
  • 人権週間
  • 人権出前教室
  • 社会福祉施設訪問

 

 

葛城人権擁護委員協議会第五部会(橿原市)の人権擁護委員(平成29年4月1日現在)

 

氏名 住所 電話番号
蘆村 出合町 0744-23-7137
北川 幸子 菖蒲町 0744-27-9750
上田 眞清 葛本町 0744-23-0333
奥田 今井町 0744-22-5375
壮二郎 見瀬町 0744-27-0980
沢田誓子 新口町 0744-22-9044
瀨川好弘 曲川町 0744-22-7790
橋本 育永 川西町 0744-27-2281
藤田 和嗣 別所町 0744-23-7538
上田 八木町 0744-22-4059
工藤 英俊 白橿町

0744-27-6919

金振 成子 慈明寺町

0744-23-9867

お問合せ

所属課室:市民活動部人権政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1090

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?