ホーム > 人権・男女共同参画 > DV加害者の行動サイクル

  • かしはら探訪ナビ 観光 世界遺産 登録をめざして 文化財
  • 3館スタンプラリーバナー 
  • INAC神戸レオネッサは世界遺産登録を応援しています
  • ふるさと納税バナー(小)
  • 日本遺産バナー小
  • みんなでつくろう橿原市 橿原市市民協働ひろば
  • 橿原市フォトライブラリーバナー
  • ウォーキングで脱メタボライダー!!かしはら元気応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2013年11月26日

DV加害者の行動サイクル

DVには、多くの場合、「緊張の蓄積期」「暴力の爆発期」「開放期」といった暴力加害者の行動サイクル(周期)があり、何度も繰り返されると言われています。
加害者は被害者が離れていくのを防ぐため、暴力をふるった《暴力の爆発期》後は一転して被害者に対し、「二度と暴力をふるわない」と謝り、やさしくなります《開放期(ハネムーン期》。この時、被害者は「もしかしたら、暴力がなくなるかもしれない」と期待して関係を続け、DVのサイクルから抜け出せなくなります。このサイクルが何度も繰り返され、さらにエスカレートしていくと被害者は次第に逃げる機会や自尊心を失い、サイクルから脱出することが難しくなります。

 

DVサイクル

  • このサイクルはすべての事例にあてはまるわけではありません。

お問合せ

所属課室:市民活動部人権政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1090

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?