ここから本文です。

更新日:2011年3月23日

温室内の植物について

放蝶温室では、チョウ以外でも華麗な花や植物など、名脇役がいます。ここでは、温室内にどんな名脇役がいるかご紹介します。

放蝶温室イラスト

アリストロキア・ギガンティア (ウマノスズクサ科)

アリストロキア・ギガンティア温室内に入ると奇妙な大きな花を咲かせたギガンティアが皆さんを迎えてくれます。

ページの先頭へ戻る

ベニヒモノキ (トウダイクサ科)

ベニヒモノキたくさんの毛虫のような特徴的な紅色の花がたれ下がっていると驚きです。

ページの先頭へ戻る

トックリヤシモドキ (ヤシ科)

トックリヤシモドキ本当に南の島にいるような感覚にさせるトックリのようなヤシが群生しています。

ページの先頭へ戻る

アダン(タコノキ科) 

アダン葉に鋭いトゲを持ち、パイナップルに似た黄色い果実を実らせます。

ページの先頭へ戻る

ブーゲンビレア (オシロイバナ科)

ブーゲンビレアシロオビアゲハなど、ピンク色の花に吸蜜に来ていますが、よく見ると花は小さな3つの白いところです。

ページの先頭へ戻る

ツンベルギア・エレクタ (キツネノマゴ科)

ツンベルギア・エレクタ地味ですが、青紫色のラッパ状の花を咲かせ、私たちの目を楽しませてくれます。

ページの先頭へ戻る

ヒカゲヘゴ (ヘゴ科)

ヒカゲヘゴ大型のシダの仲間で多湿を好み、高さは10mにもなります。

ページの先頭へ戻る

オオタニワタリ (チャセンシダ科)

オオタニワタリ樹林や岩などの着生するシダで新芽は食用として天ぷらやチャンプルとして食べられます。

ページの先頭へ戻る

ハイビスカス (アオイ科)

ハイビスカス真っ赤な大きな花を咲かせ、そこにツマベニチョウやシロオビアゲハが吸蜜に来ています。

ページの先頭へ戻る

モクセンナ (マメ科)

モクセンナ黄色い花を咲かせますが、キチョウの幼虫が葉を食べて丸坊主にしていることがあります。

ページの先頭へ戻る

ヤエヤマヒルギ (ヒルギ科)

ヤエヤマヒルギ池の中に干潟に生えるマングローブの一種を植えています。

ページの先頭へ戻る

インドゴム (クワ科)

インドゴムかつては輪ゴムなどの天然ゴムの原料でしたが、現在は観賞用となっています。

ページの先頭へ戻る

ホウオウボク (ジャケツイバラ科)

ホウオウボク熱帯地方では街路樹として植えられ、夕方に上段から見るとチョウたちがぶら下がって寝ています。

ページの先頭へ戻る

お花横丁 

お花横丁ランタナ(クマツヅラ)やペンタス(アカネ科)などのチョウの好む花の鉢があります。

ページの先頭へ戻る

 

お問合せ

所属課室:魅力創造部昆虫館

橿原市南山町624

電話番号:0744-24-7246

ファックス番号:0744-24-9128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?