ここから本文です。

更新日:2011年4月4日

放蝶温室

案内図

生き物タイムトンネルをくぐれば広がる昆虫ワールド!

総合案内図(放蝶温室)

 

生き物タイムトンネル

1.標本展示室

昆虫になった気分を体験できるよ!

ジオラマ

2.生態展示室

生きた昆虫たちに出会える!

温室外観

3.放蝶温室

温室の中を飛び交う蝶たちに驚き!

特別生態展示室

4.新館(研修棟)

情報コーナーで色々教えてもらおう!

標本展示室3

5.本館二階展示室

特別・企画展、図書コーナーなど

研修室1

6.その他の施設

多目的広場、研修室、収蔵庫など

放蝶温室

温室外観

放蝶温室外観(春)

昆虫館のメインとなる施設で、面積約500平方メートルの温室に500~800匹を熱帯および亜熱帯地方、特に沖縄地方を中心に一年中放蝶展示を行っています。→放蝶温室詳細

 

温室内部

温室内部温室内では、起伏に富んだ環境の中に遠路に沿ってせせらぎが流れており、ヤシやハイビスカス、トックリヤシモドキなどの亜熱帯地方の植物を栽培して豊かな自然環境を再現し、蜜を求めて飛び交う色とりどりの蝶に出会える場所でもあります。

放蝶温室のチョウについて

放蝶温室の植物について

蝶たちのレストラン

蝶のレストラン蝶たちのレストランでは、蝶の栄養不足を補うため昆虫館で展示しているミツバチ達が集めた蜂蜜と、他の栄養分を昆虫館三ツ星シェフがブレンドして与えています。

放蝶している種類現在の放蝶数

オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ、アサギマダラ、ジャコウアゲハ、シロオビアゲハ、ツマベニチョウ、ツマムラサキマダラ、カバタテハ、キチョウなど

ページの先頭へ戻る

 

お問合せ

所属課室:魅力創造部昆虫館

橿原市南山町624

電話番号:0744-24-7246

ファックス番号:0744-24-9128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?