ホーム > 後期高齢者医療保険料改定のお知らせ

  • かしはら探訪ナビ 観光 世界遺産 登録をめざして 文化財
  • 3館スタンプラリーバナー 
  • INAC神戸レオネッサは世界遺産登録を応援しています
  • ふるさと納税バナー(小)
  • 日本遺産バナー小
  • みんなでつくろう橿原市 橿原市市民協働ひろば
  • 橿原市フォトライブラリーバナー
  • ウォーキングで脱メタボライダー!!かしはら元気応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

後期高齢者医療保険料改定のお知らせ

平成28・29年度保険料率が改定されます。

後期高齢者医療の保険料率は2年ごとに改定されます。平成28・29年度の新保険料率が以下のとおりになります。

 

変更前

変更後

均等割額

44,700円

44,800円

所得割率

8.57%

8.92%

賦課限度額

570,000円

570,000円

 

  • 保険料は、均等割額と所得割額(所得×所得割率)を合計した額となります。どんなに所得の高い方でも57万円が上限となります。
  • 平成28年度の保険料額は、7月中旬に決定します。  

保険料の軽減措置が拡大されます。

均等割額の軽減措置が以下のとおり拡大されます。

 

均等割額軽減条件(世帯の所得に応じて判定)※1

軽減

割合

変更前

変更後

 9割

軽減

基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、世帯の被保険者全員の各種所得が無い世帯※2 基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、世帯の被保険者全員の各種所得が無い世帯※2

 8.5割軽減

基礎控除額(33万円)を超えない世帯 基礎控除額(33万円)を超えない世帯

 5割

軽減

基礎控除額(33万円)+26万円×世帯の被保険者数を超えない世帯

「基礎控除額(33万円)+26.5万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯

 2割

軽減

基礎控除額(33万円)+47万円×世帯の被保険者数を超えない世帯 「基礎控除額(33万円)+48万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯

※1 同一世帯内の世帯主と被保険者の総所得金額等の合計で判定します。65歳以上の公的年金受給者は、総所得金額等から年金所得の範囲で最大15万円を控除して軽減判定します。

※2 年金収入は、控除額を80万円として計算します。





お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?