ホーム > 障がい者支援 > 障がい者関係の医療制度 > 精神障がい者(後期高齢者)医療費助成制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月5日

精神障がい者(後期高齢者)医療費助成制度

健康保険証を使って病院などにかかったときの医療費の一部を助成します。

※平成27年4月1日以降の全診療科(入院・通院)の医療費が対象となります。

お知らせ

平成29年4月より精神障害者保健福祉手帳1級に加え2級の交付を受けている方を対象に通院および入院費の医療費助成が始まります。

 

対象者

1~3のすべてに該当する方

  1. 橿原市に住所を有する方(施設入所等特別な場合を除く)
  2. 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方
  3. 後期高齢者医療制度に加入されている方(生活保護受給者を除く)

※橿原市福祉医療制度(子ども・ひとり親家庭等・心身障害者・重度心身障害老人等医療費助成)と重複して受給できません。

受給資格の申請窓口

保険医療課

受給資格の申請に必要なもの

  1. (本人の)後期高齢者医療被保険者証
  2. 印鑑
  3. 振込口座のわかるもの
  4. 精神障害者保健福祉手帳
  5. (本人と扶養義務者の) マイナンバーカードか、通知カード+顔写真付の身分証明書

他市町村から転入された方などは、(非)課税証明書が必要な場合があります。必要年度などの詳細につきましては、保険医療課までお問い合わせください。

申請書はこちらからダウンロードできます。

精神障がい者医療費受給資格認定申請書(PDF:223KB)

精神障がい者医療費受給資格認定申請書(記載例)(PDF:279KB)

保険証・手帳貼付台紙(PDF:51KB)

助成内容

保険診療(入院時の食事代を除く)の自己負担額から一部負担金を控除した額を助成します。

一部負担金とは

  • 通院の場合、1医療機関につき月500円(調剤薬局分は一部負担金なし)
  • 入院の場合、1医療機関につき月1,000円(14日未満の場合は月500円)

保険適用外の費用(容器代、診断書料、入院時の室料など)、入院時の食事代は医療費助成の対象外です。

助成方法について

診療のたびに支給申請をしていただく必要はありません。医療機関の窓口では、保険証を提示し、自己負担額(1割または3割)をお支払いください。支払月から約3か月後、指定された口座に助成金を振り込みます。

医療費が高額療養費、高額介護合算療養費などの支給対象となる場合

助成金について調整させていただきます。

精神障害者保健福祉手帳を更新した場合

手帳を更新し、継続して1・2級だった場合は、医療費助成の更新手続きが必要です。自動的には更新されませんので保険医療課の窓口で申請してください。

用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?