ホーム > 健康・医療 > 国民健康保険 > 給付について > 療養費の支給(医療費を全額自己負担したとき)

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

療養費の支給(医療費を全額自己負担したとき)

次のような場合は、支払時は全額自己負担となりますが、後日申請して認められれば、療養費として7割(自己負担が3割の場合)が支給されます。
支給は、原則として口座振込となります。
療養費の支給申請についての時効は、費用を支払った日の翌日から起算して2年間です。

※平成28年1月1日から下記の申請にはマイナンバーが必要です。

申請が可能な場合

申請に必要なもの

事故や急病でやむを得ず保険証を持たずに医療を受けたとき

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 診療明細書
  • 領収書
  • 世帯主の銀行預金通帳

医師が必要と認めたコルセットなどの治療用装具を作ったとき

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 医師の意見書
  • 装具装着証明書
  • 領収書、および領収明細書
  • 世帯主の銀行預金通帳

医師が必要と認めたあんま・灸・はり・マッサージの施術を受けたとき

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 施術明細書
  • 医師の同意書
  • 領収書
  • 世帯主の銀行預金通帳

柔道整復師の施術を受け、治療費を全額負担したとき(国保を取り扱っている施術所の場合は、一部負担金で施術が受けられます)

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 施術明細書
  • 領収書
  • 世帯主の銀行預金通帳

生血を輸血したとき

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 輸血証明書
  • 領収書
  • 世帯主の銀行預金通帳

海外で診療を受けたとき(治療目的の渡航の場合は対象外)

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 診療の内容がわかる診療内容明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要)
  • 世帯主の銀行預金通帳
  • 海外療養を受けた者のパスポート及び航空券など渡航場所・期間の分かるもの
  • 調査にかかわる同意書(申請内容について現地医療機関等へ事実調査するための同意書)

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?