ホーム > 健康・医療 > 国民健康保険 > 給付について > 交通事故や第三者行為によるケガをしたとき

ここから本文です。

更新日:2017年8月31日

交通事故や第三者行為によるケガをしたとき

交通事故やケンカなど、第三者の行為によって受けた傷病の医療費は、原則として加害者が全額負担すべきものですが、国民健康保険の保険証で診療を受けることもできます。その場合には必ず診療を受ける前に保険医療課に「第三者の行為による被害届」等、申請書一式を提出してください。申請書は以下よりダウンロードできます。この届出によって、国民健康保険が一時的に立て替え、後日、加害者に対し、立て替えた費用を請求することになります。

第三者の行為による被害届(PDF:108KB)

人身事故証明書入手不能理由書(PDF:331KB)

事故現場見取図及び発生状況書(PDF:106KB)

個人情報に関する同意書(PDF:132KB)

誓約書(PDF:109KB)

届出窓口

保険医療課

届け出に必要なもの

  1. 第三者の行為による被害届
  2. 交通事故証明書
  3. 人身事故証明書入手不能理由書(物損事故の場合のみ)
  4. 事故現場見取図及び発生状況書
  5. 個人情報に関する同意書
  6. 誓約書
  7. 保険証
  8. 印鑑
  9. 整(接)骨院で施術を受ける場合は診断書(写)

示談の前に必ず連絡を

示談を結んでしまうと、国民健康保険が使えない場合があります。上記の届出をする前に示談を結んでしまった場合、その取り決めが優先して加害者に請求できない場合があります。必ず示談を結ぶ前に届け出てください。その他、以下の場合は国民健康保険を使うことはできません。

  1. 加害者からすでに治療費を受け取っているとき
  2. 業務上のケガのとき
  3. 飲酒運転・無免許運転などでケガをしたとき
  4. 医師の診断した傷病名以外を整(接)骨院で施術したとき

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?