ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

退職者医療制度

会社や事業所に勤められている方が、医療の必要性が高まる退職後に、会社などの健康保険から国民健康保険に移ることにより、国民健康保険の医療費負担が増大します。そのため、会社などを退職後、現在、国民健康保険に加入し、厚生年金などを受給している方およびその被扶養者の医療費の一部に、被用者保険からの拠出金が充てられ、国民健康保険加入者の皆さんの負担が軽減されています。届出をされますと、「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

医療保険制度の健全な運営のため、国民健康保険加入者で退職者医療制度に該当する方は必ず届出をお願いします。

対象者

会社や官公庁などを退職された方で、次のすべてに該当する方とその扶養家族の方は、退職者医療制度の適用を受けることになります。この場合の一部負担金は、3割負担です。
ただし、退職者本人が65歳になったとき、死亡したとき、社会保険に加入したなどの場合は、被扶養者もこの制度の適用を受けられなくなります。

退職被保険者(本人)

  • 国民健康保険加入者(60歳~64歳)
  • 現在、厚生年金や共済年金などの年金を受けている方
  • 会社などに20年以上勤められた方、または40歳を過ぎてから10年以上勤められた方
  • 後期高齢者医療の適用を受けていない方

被扶養者

  • 退職被保険者本人に当てはまる方と同一の世帯に属し、退職者本人により生計を維持されている親族(三親等内)
  • 年収が130万未満(60歳~64歳までの方、または重度障がいのある方は180万円未満)の方

届出先

保険医療課(市役所本館1階)

手続きに必要なもの

  1. 保険証
    同じ世帯に一般の被保険者と退職者医療の被保険者がいる場合、届出のときは、必ず両方の保険証をお持ちください。
  2. 年金証書(加入期間の記載されているもの)
  3. 被扶養者の場合は、扶養されている人の収入額がわかるもの
  4. 本人確認書類

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?