ホーム > 健康・医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険の概要 > 国民健康保険のしくみと加入者

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

国民健康保険のしくみと加入者

国民健康保険(国保)は、病気やケガをした時に備えて、加入者全員が日頃から公平に保険税を出し合い、必要な医療費(本人負担分は除く)などの支払いに充てる助け合いの制度です。

国民健康保険のしくみ

 

橿原市が「保険者」となり、あらかじめ加入世帯の人数および収入に応じて、加入者(被保険者)が納める保険税と、国からの補助金などを財源として、医療費の支払いなどを行っています。
国民健康保険への加入は世帯単位の加入となり、1人に1枚の保険証を交付します。加入の日は届け出をした日ではなく、加入資格の発生した日です。
世帯主が加入・脱退・変更の届出や保険料支払いの義務を負うことになります。届け出が遅れると、被保険者になった月までさかのぼって保険税を納めなければなりません。長期間、無保険の期間があれば、その分保険税が一度に課税されて負担が大きくなります。

国民健康保険に加入する方

橿原市内に住所がある、すべての方が国民健康保険の被保険者になります。

主な加入者は次の方です。

  1. 農業や漁業などを営んでいる人
  2. お店などを経営している自営業の人
  3. 退職して職場の健康保険などをやめた人
  4. パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人
  5. 外国人登録をしていて、1年以上日本に滞在することが認められた人

次の方は国民健康保険の対象になりません。

  1. 官公庁の健康保険・健康保険組合・船員険・各種共済組合保険などの被保険者
    およびその被扶養者
  2. 国民健康保険組合の被保険者
  3. 生活保護法の適用を受けている方
  4. 後期高齢者医療制度に加入している方
  5. 外国人登録法に基づく本市の外国人登録原票に登録されていない外国人
  6. 児童福祉法により福祉施設などに入っている児童のうち、扶養義務者のいない人

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?