ホーム > 健康・医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険の概要 > 高齢受給者証(70歳から74歳の方へ)

ここから本文です。

更新日:2014年3月31日

高齢受給者証(70歳から74歳の方へ)

70歳から74歳の方には(75歳からは後期高齢者医療制度に移行します)、「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。高齢受給者証には、医療費の負担割合が記載されています。医療機関などに受診する際は、国民健康保険証と一緒に窓口に提示してください。

65歳から74歳で一定の障がいを有する方は、後期高齢者医療制度に加入することができます。

※平成26年4月1日より負担割合に見直しがありましたので、ご注意ください。

適用時期

  • 1日生まれの方:70歳になる誕生月の1日から
  • 2日以降生まれの方:70歳になる誕生月の翌月の1日から

交付と更新

  • 新規適用者には、適用月の前月末までに(1日生まれの人には誕生月前月末)郵送します
  • 毎年8月1日からは、前年の所得に基づいて一部負担金の割合を決定しますので、7月下旬に該当する方へ新しい高齢受給者証を更新します。

負担割合

2割負担になる方

  • 70歳以上の国保被保険者の課税所得145万円未満の方(2人以上世帯であるときは、いずれも課税所得が145万円未満の場合)
  • 70歳以上の国保被保険者の課税所得145万円以上の方がいる世帯で、70歳以上の国保被保険者が1人であるときは、収入額が383万円未満、2人以上であるときは、収入合計額が520万円未満の場合(国民健康保険基準収入額適用申請書、健康保険証、高齢受給者証をもって手続きしてください)。

1割負担が継続される方

平成26年4月1日時点で70歳以上の方(誕生日が昭和19年4月1日以前の方)は、2割負担が特例措置により、今までどおり1割負担となります。

3割になる方(現役並み所得者)

  • 70歳以上の国保被保険者の課税所得145万円以上の人がいる世帯で、70歳以上の国保被保険者が1人であるときは、収入額が383万円以上(2人以上であるときは、収入合計額が520万円以上)の場合

高齢者受給者証を提示しなかった場合

病院などの窓口に高齢受給者証を提示しなかった場合は、一律3割負担となってしまいますので、受診するときは必ず国民健康保険証と一緒に、高齢受給者証も提示してください。

高齢受給者証を提示しなかったため、3割負担をした場合には、申請をすると差額の払い戻しが受けられます。

申請に必要なもの

  1. 高齢受給者証
  2. 健康保険証
  3. 銀行預金通帳など振込先口座のわかるもの(申請者の名義以外でも可)
  4. 医療機関の領収書(受給者氏名・保険点数の記載のあるもの)
  5. 印鑑

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?