ここから本文です。

更新日:2011年4月18日

国民健康保険の保険証

国民健康保険の保険証は、国民健康保険の被保険者であることの証明書であり、受診券でもあります。一人1枚の保険証が交付されますので、大切に取り扱ってください。

※保険証は毎年3月末に新しい年度のものが特定記録郵便(配達日時の記録を残しポストに投函)で郵送されます。ただし、保険税の納税状況により送付されない場合があります。

こんなことに注意

  1. 交付されたら記載内容を確かめましょう。
  2. いつでも使えるよう、必ず手元に保管しましょう。コピーは使えません。
  3. 顔見知りの医療機関でも、月に一度必ず保険証を提示しましょう。
  4. 有効期限が過ぎた保険証は使えません(保険証が交付されます)。
  5. 資格がなくなったらすぐ窓口へ返却しましょう。
  6. 紛失したり破れて使えなくなったときは、窓口に届け出てください。
  7. 被保険者に異動があったときなどに、自分で書き直すと無効になります。
  8. 他人との貸し借りは厳禁です。

退職者医療制度の適用を受ける方

退職者医療制度の適用を受ける方には、「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?