ホーム > 健康・医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険の概要 > 制度改正(平成27年1月)に伴う高額療養費の自己負担限度額変更について

ここから本文です。

更新日:2015年1月9日

制度改正(平成27年1月)に伴う高額療養費の自己負担限度額変更について

制度改正に伴い、平成27年1月1日から70歳未満の方の高額療養費について自己負担限度額が以下の通り変更となります。

  • 旧ただし書所得600万円超の世帯の自己負担額見直し
  • 旧ただし書所得210万円以下の世帯の自己負担額見直し
  • 適用区分の細分化に伴う限度額適用認定証の表記変更

平成26年12月以前(現行制度)

区分 所得要件 限度額

A

上位所得者

旧ただし書所得600万円超

150,000円+(総医療費-500,000円)×1%

<多数該当:83,400円>

B

一般所得者

旧ただし書所得600万円以下

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

<多数該当:44,400>

C

低所得者

住民税非課税

35,400円

<多数該当:24,600円>

 

平成27年1月以降(制度改正後)

 

区分

所得要件

限度額

旧ただし書所得901万円超

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

<多数該当:140,100円>

旧ただし書所得600万円~901万円以下

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

<多数該当:93,000円>

旧ただし書所得210万円~600万円

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

<多数該当:44,400円>

旧ただし書所得210万円以下

57,600円

<多数該当:44,400円>

住民税非課税

35,400円

<多数該当:24,600円>

 

※旧ただし書所得とは、総所得金額等から基礎控除額33万円を控除した額です。

※多数該当…診療を受けた月を含む過去1年間で高額療養費に該当するのが4回目以降

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?