ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長活動記録 > 平成29年4月の活動記録

  • かしはら探訪ナビ 観光 世界遺産 登録をめざして 文化財
  • 3館スタンプラリーバナー 
  • INAC神戸レオネッサは世界遺産登録を応援しています
  • ふるさと納税バナー(小)
  • 日本遺産バナー小
  • みんなでつくろう橿原市 橿原市市民協働ひろば
  • 橿原市フォトライブラリーバナー
  • ウォーキングで脱メタボライダー!!かしはら元気応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

平成29年4月の活動記録

平成29年4月27日(木曜日)【シルクの杜10万人突破】

新沢千塚古墳群公園にある「シルクの杜」の入場者数が10万人を突破したことを祝い、記念式典が行われました。
シルクの杜は温浴施設とトレーニングルームを備えており、昨年4月のオープン以降、たくさんの方々にご利用いただいています。記念すべき10万人目の入場者となられた市内在住の森川さんに、森下市長より記念品をお渡ししました。

写真:シルクの杜10万人達成

 

平成29年4月18日(火曜日)【追手門学院大学との協定締結】

追手門学院大学(大阪府茨木市)と橿原市は、観光や教育などの分野で連携する協定を結びました。
この協定により、同大学に新設される国際日本学科のカリキュラムに橿原市でのフィールドワークが組み込まれ、学生の皆さんに橿原市の魅力を発信していただき、外国人観光客の誘致につながることを願っています。
写真:追手門学院大学との協定締結

 

平成29年4月7日(金曜日)~9日(日曜日)【春の神武祭】

「平成29年春の神武祭」が開催され、開会セレモニーで森下市長も実行委員長として開催のお礼と神武祭のPRをしました。
期間中、神宮外拝殿前では、歌手の上田正樹さんや相川七瀬さん、海上自衛隊舞鶴音楽隊などのコンサートが行われ、ライトアップした境内に美しい音楽が響きました。
また、恒例の参道パレードは2日間に分けて行われ、森下市長も古代衣装で参加!マーチングバンドやダンスチームなど、多数の団体が神宮参道を練り歩き、姉妹都市宮崎市からはPR隊や名物ひょっとこ踊りなどが参加され、パレードを盛り上げていただきました。
さらに今年は、県内の様々なご当地グルメが集結した「フードマルシェ」も併せて行われ、3日間にわたり神武祭が盛大に開催されました。

写真:神武祭(オープニング)
(オープニングセレモニー)

写真:神武祭(古代衣装行列) 写真:神武祭(宮崎市)
写真:神武祭(卑弥呼) 神武祭(ひょっとこ2)

 

平成29年4月7日(金曜日)【交通安全街頭キャンペーン】

全国一斉に春の交通安全運動が実施され、森下市長もドライバーの方々にシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を呼びかけました。

写真:交通安全街頭キャンペーン

 

平成29年4月1日(土曜日)【緑の一里塚(八木町)除幕式】

日本最古の官道と呼ばれる八木町の横大路沿いに「緑の一里塚」が設置され、森下市長が除幕式に出席しました。
横大路は大阪府と奈良県を東西に結ぶ道で、古くは伊勢神宮への参拝者で賑わい、多くの旅籠(旅館)が軒を連ねていました。今回、竹内街道・横大路(大道)の敷設1400年を記念してこの一里塚が完成し、街道をつなぎ、みどりを感じるスポットとして地域の賑わいを創出します。

緑の一里塚(除幕式) 写真:緑の一里塚

 

平成29年4月1日(土曜日)【観光インフォメーションセンターオープン】

近鉄橿原神宮前駅東側に「かしはら観光インフォメーションセンター」がオープンしました。
英語での観光案内や、多言語対応のタブレット端末も用意するなど、外国人観光客への対応が充実しており、手荷物の一時預かりも行われます。
オープニングセレモニーで森下市長は、「国内のみならず海外からの観光客を受け入れ、飛鳥地方の魅力をアピールしていただきたい。」と挨拶しました。

写真:観光インフォメーションセンター

お問合せ

所属課室:総務部秘書課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2632

ファックス番号:0744-24-9720

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?