ホーム > 文化・スポーツ・生涯学習 > 文化・生涯学習施設 > 歴史に憩う橿原市博物館 > 平成27年度秋季企画展「顔、カオ、かお~顔面表現の考古学~」

ここから本文です。

更新日:2016年11月14日

平成27年度秋季企画展「顔、カオ、かお~顔面表現の考古学~」

 秋季企画展チラシ

人は縄文時代から顔を表現し続けてきました。

その作品は、土偶や人形といった造形や絵画など様々です。

今回の企画展では、橿原市及び県内遺跡からの出土資料を中心に展示し、

人は顔をどのように表現してきたのかを紹介します。

立体的な顔の表現はいつから?縄文時代から古墳時代の人ってどんな顔?

この人はどこの国の人なの? あっ!!カワイイ♥

いろいろなギモンや発見を楽しんでください。

土師器絵皿(奈文研)

        土師器絵皿 <平安時代>

         (奈良文化財研究所 蔵)

 

 ・秋季企画展案内チラシ(PDF:736KB)

開催期間

平成27年10月10日(土曜日)~11月29日(日曜日)

開催期間中の休館日:10月13・19・26日  11月2・9・16・24日

イベント情報

講演会(全2回)

第1回 11月1日(日曜日)終了しました

「古代人の人物像を復原する」※講演資料(PDF:490KB)

講師:片山 一道 氏 (京都大学 名誉教授)

第2回 11月21日(土曜日)終了しました

「古代人の顔と祈り」※講演資料(PDF:3,222KB)

講師:森川 実 氏 (奈良文化財研究所 主任研究員)

会場

クリーンセンターかしはら3階研修室(博物館から北に徒歩5分)

講演会参加者用駐車場はクリーンセンターかしはら内建物北側にあります。

時間

各回とも午後1時30分~午後3時(受付は午後1時より)

定員

200名(先着順:申し込み不要)

費用

無料

展示解説

各回の講演会後、博物館にて当館学芸員が企画展の解説を行います。

ワークショップ

昔なつかし 福笑に挑戦!

日本の伝統的な遊びである福笑に挑戦してみませんか?

どんなおもしろい顔が出来上がるでしょうか。

福笑

会期中随時(申込不要)

費用:無料

プラ板で人面墨書土器の根付をつくろう!

プラ板にいろいろな顔を描き、世界に一つだけのオリジナルストラップをつくりませんか?

根付

会期中随時(申込不要 作業時間は午前9時~午後4時40分まで)

費用:100円

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?