ホーム > 橿原市上下水道部 > 排水設備と維持管理 > 大雨の日に大量の雨水が下水道施設に流れ込むと・・

ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

大雨の日に大量の雨水が下水道施設に流れ込むと・・

道路等に悪影響を及ぼす場合があります

 橿原市では、汚水は下水道に、雨水は側溝などを通って河川に流れています。下水道に大量の雨水が流れると下水道管が満水になり、マンホールから汚水が噴き出るなどの被害が生じる場合があります。雨水の下水道への浸入が疑われる場合は、下記ポイントのご確認をお願いいたします。

 

 《確認ポイント》

 □ 雨どいが汚水のますにつながっていませんか?

 □ 雨の日に汚水のますの中を大量の水が流れていませんか?

 □ 汚水のますの蓋が壊れていませんか?

 

 皆様の下水道に対するご関心とご協力が、安全な下水処理へとつながります。

 雨天時浸入水問題啓発資料(PDF:313KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:上下水道部下水道課

橿原市小房町9-23

電話番号:0744-24-0010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?