• サイトマップ
  • 文字サイズ・色合い変更
  • 橿原市トップ
  • かしはら 元気応援プロジェクトとは?

ここから本文です。

千塚古墳をまわろうコース

20分・2950歩・2300m:橿原神宮前駅(西口)→[11分・1325m]→宣化天皇陵→[6分・700m]→新沢千塚古墳群→[3分・700m]→橿原神宮(外拝殿)→[3分・275m]→千塚資料館

地図:千塚古墳をまわろうコース

このコースを歩いてみて

このコースは、橿原神宮前駅から右手に畝傍山を見ながら宣化天皇陵と新沢千塚古墳群を訪れ、歴史に憩う橿原市博物館まで歩くコースです。また高低差も少なく、道が一歩道なので迷うことなく歩けるのが特徴です。水に囲まれた宣化天皇陵は部外者を寄せ付けないような雰囲気があり、歴史の奥深さを感じさせます。終点の歴史に憩う橿原市博物館近くいにはバス停がありますが運航本数が少ないのご注意ください。

コースの見どころ

宣化天皇陵

宣化天皇陵

28代の宣化天皇(在位:535年~539年)は26代の継体天皇の第2皇子で、29代の欽明天皇の兄にあたります。周囲に濠をめぐらせた前方後円墳(航空写真では美しい前方後円墳がわかる)の御陵には天皇だけだはなく、先立った皇后の橘皇女と孺子(宮中に仕えた童)も合葬されたといわれています。

新沢千塚古墳群

新沢千塚古墳群

畝傍山西南の丘陵地にお椀を伏せたような円い高まりが連なっています。これらひとつひとつが、実はすべて古墳なのです。貝吹山の北麓を含めた一帯には600基もの古墳が存在し、史跡指定地の中だけでも380基の古墳が集まっています。遊歩道が作られている史跡公園でもあり、隣接する「歴史に憩う橿原市博物館」では、ペルシャや中国からもたらされた思われる出土品などが展示されています。

標高グラフで高低差や距離を確認

 ルートラボ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。