ホーム > 福祉 > 第67回”社会を明るくする運動”

ここから本文です。

更新日:2017年7月1日

第67回”社会を明るくする運動”

 ”社会を明るくする運動”は全国的な運動です

 67回社名ポスター

”社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築こうとする運動です。強調月間である7月に全国的に展開されます。

 

行動目標

  • 犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組みを進めよう
  • 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

重点事項

  • 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと
  • 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
  • 薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
  • 犯罪をした高齢者・障がい者等が社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること

地域社会の連携が大切

犯罪や非行が生まれるのは地域社会であり、また罪を犯した人や非行をした少年の更生を促す場も地域社会にほかならないのです。その更生を実効あるものとするためには、本人の意欲と併せ、本人を取り巻く地域社会の理解と参加が不可欠です。家庭・学校・職場など関係機関が連携を深め地域に根ざした活動を展開することが「明るい社会」づくりにつながります。

橿原市はこんな活動をします

近鉄八木駅周辺街頭啓発活動

7月3日(金曜日)午前7時30分から1時間程度

  • 橿原市推進委員会委員長挨拶
  • 内閣総理大臣メッセージ伝達
  • 橿原警察署長挨拶
  • 橿原地区保護司会会長挨拶
  • 保護司会会員・各種協力団体などで啓発物品配布

作文コンテスト募集

  • 応募の資格
    小学校・中学校に在学する児童・生徒
  • テーマ
    日常の家庭生活、学校生活の中で、体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪や非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなど、社会を明るくする運動に関連する内容を題材とします。

    <例>「犯罪や非行のない社会を築くために、今の私にできることを考えてみる」、「地域社会における人と人との助け合いについて考えてみる」、「誰かを励ましてあげたり、又、誰かに励まされたりした体験を振り返ってみる」等々
  • 原稿の枚数
    400字詰めの原稿用紙3~5枚程度
  • 募集締切日
    平成29年7月31日(月曜日)
  • 提出先
    在籍する各学校へ提出ください。締切日以後、保護司会が回収いたします。

 

 

お問合せ

所属課室:福祉部福祉総務課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-21-7565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?