ホーム > 福祉 > 福祉計画 > 福祉のまちづくり条例

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

福祉のまちづくり条例

福祉のまちづくり条例では、住みよい福祉のまちづくりについて、基本理念を定め、県、事業者及び県民の責務を明らかにし、障害者、高齢者等をはじめとするすべての県民にとって安全で快適な生活環境の整備を推進して県民の福祉の増進に資することを目的としています。

まちづくり

条例では、『公共的施設』について規則で定める整備基準への適合努力を求め、公共的施設のうち、「特定施設を設置する場合には届出を求めています。

申請様式(PDF:1,287KB)

奈良県福祉政策課住みよい福祉まちづくりへのリンク(外部リンク)

奈良県では以下の2つの制度を適用して建築物のバリアフリー化を推進しています。

奈良県住みよい福祉のまちづくり条例(福祉のまちづくり条例)

障害者、高齢者等の行動を制約する障壁が取り除かれ、すべても人々が自らの意思で自由に行動し、安全で快適に生活できる地域社会の実現を目指して平成8年4月に施行された。

奈良県住みよい福祉のまちづくり条例(PDF:254KB)

高齢者、障害者の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)

高齢者、障害者の円滑な移動及び建築物等の施設の円滑利用の確保に関する施策を総合的に推進するため、鉄道駅や空港などの旅客施設を対象とした旧交通バートビル法を加え、平成18年12月に施行されました。
なお、建築物については、対象施設の追加や基準の強化が図られました。

建築物のバリアフリー化(PDF:435KB)

お問い合わせは、まちづくり部建築指導課まで

電話番号0744-22-4001(内線404)

ファックス0744-24-9718

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:福祉部福祉総務課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-21-7565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?