ホーム > よくある質問 > 福祉 > 生活困窮・生活保護 > 生活困窮者自立支援制度とはどういった制度ですか?

ここから本文です。

更新日:2015年7月29日

生活困窮者自立支援制度とはどういった制度ですか?

質問

生活困窮者自立支援制度とはどういった制度ですか?

回答

生活困窮者自立支援法に基づき、生活保護に至るまでの生活困窮者に対し、自立相談支援事業や住居確保給付金の支給、その他の支援事業を行う制度です。
自立相談支援事業では、就労の支援その他自立に関する問題につき、生活困窮者からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言・支援、自立に向けたプラン作成を行います。
住居確保給付金とは、離職により家賃が払えず、住居を喪失するおそれのある方、または喪失した方に対して、安定した就職活動ができるように、期限付きで家賃の全額または一部を支給するものです。受給するためには一定の要件があります。

橿原市では生活支援相談窓口で生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業を行っています。

橿原市生活支援相談窓口
場所:橿原市畝傍町9-1保健福祉センター南館2階
電話番号:0744-22-8301
ファックス番号:0744-25-7857
8時30分~17時15分(土日祝日・年末年始を除く)

くわしくは、下記関連リンクをご覧ください。

お問合せ

所属課室:福祉部福祉総務課  担当者名:橿原市生活支援相談窓口

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8301

ファックス番号:0744-25-7857

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?