ホーム > 福祉 > 社会福祉法人について > 社会福祉法人現況報告書等の提出について

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

社会福祉法人現況報告書等の提出について

 社会福祉法人は、社会福祉法第59条第1項の規定に基づき、毎会計年度終了後3月以内に、次に掲げる書類を所轄庁に届け出なければならないものとされています。所轄庁が橿原市長である市内社会福祉法人は、6月末日までに福祉総務課(保健福祉センター南館2階)に現況報告書及び添付書類を届け出てください。 

 なお、届出の方法は、現況報告書については下記様式を、財産目録、貸借対照表及び収支計算書についてはエクセル形式の電子ファイルを使用し、電子メール又は電子記録媒体によって届け出てください(情報セキュリティの都合上、USBメモリは使用できません。)。

 事業報告書及び監事監査報告書については様式の指定はありませんので、各法人で作成されている任意の様式をご使用ください。また、PDF、ワード等の電子ファイルによる届出ができない場合は、紙媒体により届け出ていただいて結構です。

「届出書類」 ○財産目録、貸借対照表及び収支計算書 ○事業報告書及び監事監査報告書 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:福祉部福祉総務課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-21-7565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?