ホーム > 福祉 > 社会福祉法人について > 定款変更などの申請手続について

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

定款変更などの申請手続について

定款変更認可申請

定款の変更は、厚生労働省令で定める事項を除き、所轄庁の認可を受けなければ、その効力を生じません。(社会福祉法第43条)

そのため、橿原市長が所轄庁の社会福祉法人が定款変更の認可を受けようとする時は、定款変更認可申請書と必要な添付書類(各2部)を福祉総務課(保健福祉センター南館2階)に提出してください。

定款変更の事項が、社会福祉法人の登記事項に関する変更であるときは、認可後すみやかに変更の登記を行わなければなりません。

 

定款変更届出

定款変更の事項が、『事務所の所在地の変更』、『基本財産の単純な増加』及び『公告方法の変更』のみの場合は定款変更届出を行えばよく、定款変更認可申請をする必要がありません。

この時は、定款変更届出書と必要な添付書類と必要な添付書類(各1部)を福祉総務課(保健福祉センター南館2階)に提出してください。

 

その他の申請手続

社会福祉法人の設立、解散、分割及び合併、基本財産の担保提供及び処分には、それぞれ申請が必要となりますので、事前に福祉総務課(保健福祉センター南館2階)に協議してください。

 

 

お問合せ

所属課室:福祉部福祉総務課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-21-7565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?