ホーム > よくある質問 > 税金 > その他 > 固定資産の価格に疑問や不服がある場合の手続きについて教えてください。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

固定資産の価格に疑問や不服がある場合の手続きについて教えてください。

質問

固定資産の価格に疑問や不服がある場合の手続きについて教えてください。

回答

固定資産課税台帳の登録価格に不服がある場合には、橿原市固定資産評価審査委員会に対して審査の申出をすることができます。
■審査の申出をすることができる者
審査の申出ができる方は、固定資産税の納税者に限られています。
■審査の申出をすることができる事項
審査の申出ができる事項は、固定資産課税台帳に登録された価格に限られます。
税額については、固定資産課税台帳に登録される事項ではないので、審査の申出の対象になりません。
なお、基準年度(評価替の年度)以外の年度において基準年度の価格が据え置かれた場合は、審査の申し出をすることはできません。
■審査の申出をすることができる期間
固定資産課税台帳に登録された価格について不服がある場合は、固定資産課税台帳に固定資産の価格などのすべてを登録した旨の公示をした日(4月1日)から納税通知書の交付を受けた日後60日までの間に文書をもって審査の申出をすることができます。
なお、縦覧に供した日以後に価格の決定または修正があった場合は、その通知を受けた日から60日以内に審査の申出をすることができます。
■審査の申出の方法
審査の申出は、審査申出書を固定資産評価審査委員会に提出して行います。(担当課は総務課です)

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?