ホーム > よくある質問 > 税金 > 市税 > 私は平成28年2月末で退職し、平成29年2月末で社会保険の任意継続をやめて、同年3月15日に国民健康保険に加入しました。その後4月に国民健康保険税の納税通知書が届いたのですが、平成28年は退職してほとんど収入がないのに税額が高いと思うのですが。

ここから本文です。

更新日:2017年7月4日

私は平成28年2月末で退職し、平成29年2月末で社会保険の任意継続をやめて、同年3月15日に国民健康保険に加入しました。その後4月に国民健康保険税の納税通知書が届いたのですが、平成28年は退職してほとんど収入がないのに税額が高いと思うのですが。

質問

私は平成28年2月末で退職し、平成29年2月末で社会保険の任意継続をやめて、同年3月15日に国民健康保険に加入しました。その後4月に国民健康保険税の納税通知書が届いたのですが、平成28年は退職してほとんど収入がないのに税額が高いと思うのですが。

回答

国民健康保険税は前年中の収入をもとに算出します。
平成29年2月末で任意継続をやめた場合、国民健康保険税は平成29年3月から課税することになります。
平成29年3月分は、年度では平成28年度分(平成28年4月から平成29年3月)になりますので算出の基礎となるのは平成27年の1月から12月までの収入になります。

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?