ホーム > よくある質問 > 税金 > 市税 > 地価が下がっているのに土地の税額が下がらないのはなぜですか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

地価が下がっているのに土地の税額が下がらないのはなぜですか。

質問

地価が下がっているのに土地の税額が下がらないのはなぜですか。

回答

現行の仕組みでは税負担の公平性の観点から、負担水準(評価額に対する前年度課税標準額の割合)の均衡化を重視した調整措置が講じられています。負担水準が高い土地は税負担を引き下げ、税負担が低い土地は税負担を引上げていく仕組みとなっています。このことにより、地価下落により土地評価額が下がっても、負担水準の低い土地は税負担が高くなる場合や、負担水準の割合によっては課税標準額が前年度のまま据置かれ、税額が変わらない場合があります。

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?