ホーム > よくある質問 > 税金 > 市税 > 妻は、これまで専業主婦でしたが、昨年からパートをはじめ、収入が70万円ありました。年末調整の際にそのことを申告しましたが、今年度の住民税が昨年と比べて高くなっていました。そんなに高くなるものでしょうか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

妻は、これまで専業主婦でしたが、昨年からパートをはじめ、収入が70万円ありました。年末調整の際にそのことを申告しましたが、今年度の住民税が昨年と比べて高くなっていました。そんなに高くなるものでしょうか。

質問

妻は、これまで専業主婦でしたが、昨年からパートをはじめ、収入が70万円ありました。年末調整の際にそのことを申告しましたが、今年度の住民税が昨年と比べて高くなっていました。そんなに高くなるものでしょうか。

回答

年末調整の際に、配偶者の「所得」を記入すべき場所に、給与収入をそのまま記載していませんか。こうした誤りが例年多く見受けられます。収入から必要経費にあたるものを差し引いたものが「所得」で、これをもとに配偶者控除・配偶者特別控除の対象になるかどうかが決まります。配偶者の「所得」を70万円と申告したとしたら、本来適用になる配偶者控除がとれませんので(給与収入が70万円でしたら所得は5万円で配偶者控除の対象になります)、税を計算するうえで不利になっているはずです。住民税だけでなく所得税も本来よりも割高になっていると思われますので、確定申告をしてください。その結果を踏まえ住民税も訂正します。

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?