ホーム > よくある質問 > 税金 > 市税 > 専業主婦の妻と、2人の小学生の子供との4人暮らしでしたが、今年の12月20日に離婚しました。子供は妻と暮らすことになりました。今年の申告で、元の妻と2人の子供を私の扶養親族として申告することができますか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

専業主婦の妻と、2人の小学生の子供との4人暮らしでしたが、今年の12月20日に離婚しました。子供は妻と暮らすことになりました。今年の申告で、元の妻と2人の子供を私の扶養親族として申告することができますか。

質問

専業主婦の妻と、2人の小学生の子供との4人暮らしでしたが、今年の12月20日に離婚しました。子供は妻と暮らすことになりました。今年の申告で、元の妻と2人の子供を私の扶養親族として申告することができますか。

回答

扶養状況はその年の12月31日現在で判断することになります。この時点で離婚していますので、元の配偶者は配偶者控除の対象にはなりません。お子様2人は扶養親族とすることができますし、生活費を払うようでしたら今後も扶養親族とすることができます。ただし、元の配偶者が2人を扶養親族として申告した場合は、いずれかの扶養を取り消すことになりますので、あらかじめ扶養控除についてのご相談をお願いします。

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?