ホーム > よくある質問 > 税金 > 市税 > 今年の1月に夫が亡くなりました。夫は昨年中、収入があったため、6月に妻である私あてに納税通知書が送られてきました。これは私が払わなければならないのでしょうか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

今年の1月に夫が亡くなりました。夫は昨年中、収入があったため、6月に妻である私あてに納税通知書が送られてきました。これは私が払わなければならないのでしょうか。

質問

今年の1月に夫が亡くなりました。夫は昨年中、収入があったため、6月に妻である私あてに納税通知書が送られてきました。これは私が払わなければならないのでしょうか。

回答

住民税は、1月1日現在で住所があった市町村で、その1年間課税されます。納税通知書発送前に亡くなられた場合、納税義務は相続人が引き継ぐことになりますので、納税通知書は相続される方にお送りします。ただし、相続人が確定していない場合や、市が相続人を把握していない場合に、調査を行い確認できた親族あてに納税通知書を送ることがあります。

お問合せ

所属課室:総務部税務課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2634(市民税担当),0744-47-2635(固定資産税担当)

ファックス番号:0744-24-9703

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?