ホーム > よくある質問 > 届出・証明 > 転入・転出 > 市外から引越しをしてくるときの手続方法について知りたい。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

市外から引越しをしてくるときの手続方法について知りたい。

質問

市外から引越しをしてくるときの手続方法について知りたい。

回答

市外から移転してきた場合、転入届が必要となります。
1提出書類:転入届(住民異動届)
2届出期間:転入した日から14日以内(お引越しが終わっていない場合の届出はできません)
3届出窓口:市民課
4届出人:本人または世帯主(それ以外の方のお届けの場合は、委任状が必要となります。御家族であっても、委任状が必要な場合があります。)
5届出方法:窓口にて直接
6受付時間:月曜~金曜午前8時30分~午後5時15分
7休日:土曜、日曜、祝祭日、12月29日~1月3日
8必要なもの:
(1)転出証明書(前住所地で発行されます)
(2)身分を確認できるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
(3)前住所地で発行された住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
(4)児童手当用所得証明書(受給者のみ)
(5)受給資格証明書(前住所で介護認定を受けている方のみ)
(6)負担区分証明書(前住所が県外で後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方のみ)
(7)委任状(代理人による申請の場合のみ)
(8)住基カード(お持ちの方のみ)
9注意事項:引越しが終わっていない場合の届出および郵送による届出はできません。
※印鑑登録は転入届終了後に登録することができます。また、国民健康保険などにご加入の方は、転入届終了後に担当課へお廻りいただきます。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?