ホーム > よくある質問 > 届出・証明 > 婚姻・離婚 > 外国人と結婚する場合の手続方法について知りたい。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

外国人と結婚する場合の手続方法について知りたい。

質問

外国人と結婚する場合の手続方法について知りたい。

回答

日本の方式で婚姻する場合と外国の方式で婚姻する場合と二通りあります。
届出は、下記の通りです。
日本の方式で婚姻する場合(創設的届出)は、婚姻する外国人について婚姻要件具備証明書およびその訳文、パスポート、出生証明書およびその訳文、国籍証明書およびその訳文などが必要です。
外国の方式で婚姻した場合(報告的届出)は、婚姻証書およびその訳文、パスポートなどが必要です。国によっては、そのほかに必要な書類がある場合もありますので、あらかじめ市民課に確認の上お越しください。
1提出書類:婚姻届(届書は市役所市民課にあります)
(報告的届出の場合は、日本人のみの署名・押印だけで証人欄の記載は不要です)
2届出期間:任意(報告的届出の場合は、婚姻成立後3か月以内に届出てください)
3届出窓口:住所地または本籍地の市役所など
報告的届出の場合で、届出人が外国にいる場合は、在外大使館などに届け出ることが出来ます。
4その他:国によっては、婚姻要件具備証明書が発行されない場合や、上記以外の書類が必要になる場合もあります。あらかじめ戸籍係に確認のうえお越しください。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?