ホーム > よくある質問 > 届出・証明 > 婚姻・離婚 > 離婚後、婚姻中の姓をそのまま名乗ることはできますか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

離婚後、婚姻中の姓をそのまま名乗ることはできますか。

質問

離婚後、婚姻中の姓をそのまま名乗ることはできますか。

回答

離婚すると婚姻の際に氏(姓)が変わった方は婚姻前の氏に戻ります。ただし、離婚届とは別に離婚した日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」(戸籍法77条の2の届)を届出することによって婚姻中の氏を引き続き名乗ることができます。
3ケ月以降は、家庭裁判所の許可が必要となります。
1提出書類:「離婚の際に称していた氏を称する届」(戸籍法77条の2の届)(届書は市役所にあります)
2届出期間:離婚した日から3か月以内
3届出窓口:住所地または本籍地の市役所
4届出人:本人(離婚により婚姻前の氏に戻る人)
5届出方法:届書に必要事項を記入のうえ本人が署名押印して提出してください。
6受付時間:月曜~金曜午前8時30分~午後5時(この時間以外は、市役所日直、守衛で預かります)
7休日:市役所日直、守衛で預かります
8必要なもの:
(1)届出人の印鑑
(2)届出人の戸籍謄本(本籍地の市役所などに出す場合は不要です)
9その他:離婚届と同時に提出する場合と、離婚後に提出する場合とで記入方法が異なりますのでお問い合わせください。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?