ホーム > よくある質問 > 届出・証明 > 婚姻・離婚 > 住所が別々でも婚姻届を提出することはできますか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

住所が別々でも婚姻届を提出することはできますか。

質問

住所が別々でも婚姻届を提出することはできますか。

回答

住所が別々でも婚姻届を提出することはできます。ただし、住所の異動を伴う方は、婚姻届とは別に住所異動届も必要です。
1提出書類:婚姻届(届書は市役所にあります)
2届出期間:任意
3届出窓口:本籍地、住所地または一時滞在地の市役所市民課
4届出人:婚姻する2人(男性18歳以上、女性16歳以上)
5記入方法:婚姻届に婚姻する2人の署名と押印(ゴム印不可)、20歳以上(外国人の場合は成年に達している人)の証人2人の署名と押印(ゴム印不可)、婚姻後どちらの氏(苗字)を名乗るかの選択、新本籍地、現在の本籍地、住民登録地など必要事項を全て記入
6受付時間:月曜~金曜午前8時30分~午後5時15分(この時間以外は市役所日直、守衛で預かります)
7休日:市役所日直、守衛で預かります
8必要なもの:
(1)届出人の印鑑
(2)届出人の戸籍謄本(または抄本)
(3)免許証、パスポートなど届出人の身分を確認できるもの(お持ちの方のみ)
(4)国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
※未成年の方が婚姻する場合、父母の同意書。
9注意事項:外国人の場合は、事前に相談してください。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?