ホーム > よくある質問 > 子育て > 児童手当 > 児童手当の受給者となる主たる生計維持者はどのように判断するのですか。また、離婚調停中で別居している場合の受給者はどうなるのでしょうか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

児童手当の受給者となる主たる生計維持者はどのように判断するのですか。また、離婚調停中で別居している場合の受給者はどうなるのでしょうか。

質問

児童手当の受給者となる主たる生計維持者はどのように判断するのですか。また、離婚調停中で別居している場合の受給者はどうなるのでしょうか。

回答

児童手当の支給は、児童の監護や生計同一または生計維持が支給要件になります。従って、父も母も児童を監護している場合には、所得の高い方が受給資格者となります。所得が同程度の場合は、児童をどちらが扶養しているか、どちらの健康保険に加入しているかなどを総合的に勘案して受給者を決定します。申請時にご相談ください。
※離婚調停中で児童の父母が別居している場合については、生計を維持する程度に関わらず同居している保護者への児童手当の支給が可能となりました。
(※申請にあたり離婚調停中を証明できる書類の添付が必要です)

お問合せ

所属課室:健康部子育て支援課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8984

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?