ホーム > よくある質問 > 子育て > 児童扶養手当 > 児童扶養手当の届け出内容が変わった時の手続きについて教えてください

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

児童扶養手当の届け出内容が変わった時の手続きについて教えてください

質問

児童扶養手当の届け出内容が変わった時の手続きについて教えてください

回答

児童扶養手当について
●住所が変わったとき
(1)市内での転居の場合・市外から転入された場合住所変更手続きを行なってください。
手当証書、印鑑、受給者名義の通帳(転入の場合のみ)をお持ちください。
(2)市外へ転出される場合
転出の手続きが必要です。
手当証書、印鑑をお持ちください。また、引越し先の市町村でも手続きが必要になります。
●受給資格がなくなったとき
次のような場合は、手当を受ける資格がなくなることがあります。この場合すぐに届け出てください。届け出をしないで手当を受けていますと受給資格のなくなった月の翌月から受給していた手当の総額をあとで返していただくことになります。
(1)あなたが児童の母(父)の場合、あなたが婚姻したとき
婚姻には事実上の婚姻も含みます。従って、戸籍上の婚姻日・住民票上の同居日・実際の同居日のいずれか早い日が資格喪失日となります。また、男性(女性)と別居の場合でも資格がなくなることがあります。
(2)あなたが児童の母(父)以外の場合、あなたと児童が別居したとき
(3)あなたが、老齢年金や障がい年金などを受けることができるようになったとき
(4)あなたが、児童を監護しなくなったとき
(5)児童が、児童の父(母)と同居するようになったとき
(6)児童が、児童福祉施設や社会福祉施設に入所したとき
(7)児童が、遺族年金などを受けることができるとき
(8)児童が、養子縁組したりして支給要件にあてはまらなくなったとき
(9)児童の父母が、再婚したとき
(10)児童の父(母)が、政令で定める程度の障がいの状態でなくなったとき
(11)児童の父(母)が受けている障がい年金などに児童の加算がついたとき
(12)遺棄していた児童の父(母)から連絡があったとき
(13)児童の父(母)が、出所したとき
(14)あなたや児童が、海外へ引越ししたとき
(15)あなたや児童が、死亡したとき
●その他次のような場合も、届出をしてください。
(1)手当の支給対象となる児童の数が増えたとき。または、減ったとき。
(2)あなたや児童の氏名が変わったとき。
(3)受給者が所得の高い扶養義務者と同居または別居したとき。
(4)あなたや同居している扶養義務者の所得が変更されたとき。
(5)手当を受ける金融機関が変わるとき。

お問合せ

所属課室:健康部子育て支援課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8984

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?