ホーム > よくある質問 > 健康・医療 > その他 > 高齢者の肺炎球菌予防接種を受ける場合、費用の助成があるかを知りたい。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

高齢者の肺炎球菌予防接種を受ける場合、費用の助成があるかを知りたい。

質問

高齢者の肺炎球菌予防接種を受ける場合、費用の助成があるかを知りたい。

回答

接種費用のうち3,000円(生活保護世帯は4,000円)を上限として接種費用を助成します。任意の予防接種のため副反応および健康被害などについて市は一切その責任を負いません。

【対象者】ア.イ.両方に該当する方。
 ア.接種日に70歳以上の市民。
 イ.過去に肺炎球菌ワクチンの予防接種をしたことがない方で接種を希望する方
 ※脾臓の摘出をした方など健康保険の対象になる方は助成の対象にはなりません。

【助成回数】1回限り(一生のうち1回しか助成できません)

【申請手順】
1.接種時いったん全額を支払ってください。
2.「肺炎球菌ワクチン費用助成金交付申請書・請求書」に必要事項を記入(市内の医療機関に置いてある場合もあります。ない場合は下記のリンクからダウンロードするか、健康増進課に連絡してください。)
3.領収印または病院印が押印された領収書を2.に添付し接種後1か月以内に健康増進課に申請してください。確認後、助成金を指定の口座に振り込みます。

【注意】
1.かかりつけ医とよく相談の上、また、他の予防接種とは必要期間を空けて接種してください。
2.助成できるのは、接種日と同一年度内の申請に限ります。年度がかわると申請できません。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?