ホーム > よくある質問 > 介護 > 介護保険料 > 介護保険第一号被保険者(65歳以上の市民等)が死亡しましたが介護保険料は戻ってくるのですか。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

介護保険第一号被保険者(65歳以上の市民等)が死亡しましたが介護保険料は戻ってくるのですか。

質問

介護保険第一号被保険者(65歳以上の市民など)が死亡しましたが介護保険料は戻ってくるのですか。

回答

死亡などで被保険者資格が消滅した場合、介護保険料を月割計算し、精算分があればご遺族に還付(または追徴収)します。
精算金額が確定した後に還付についての通知をいたしますが、該当保険料を特別徴収されていた場合は年金保険者(日本年金機構など)での未支給年金受給者の確認などが必要なため死亡から還付通知まで早くても数か月かかります。

この還付額確定には市役所での死亡届とは別に年金の死亡届が必要ですので必ず提出するようにしてください(旧社会保険庁からの要請による注意喚起)。

お問合せ

所属課室:福祉部介護保険課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-22-8108

ファックス番号:0744-24-9725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?