ホーム > よくある質問 > 介護 > 介護保険料 > 介護保険料を滞納したらどうなりますか

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

介護保険料を滞納したらどうなりますか

質問

介護保険料を滞納したらどうなりますか

回答

特別な事情がなく保険料を滞納していると、次のような措置を受けることになります。

○督促手数料及び延滞金について
滞納日数に応じて、督促手数料及び延滞金が介護保険料に加算されます。

○介護サービス使用時の措置について
【保険料を滞納してから1年以上経過してしまったとき】
介護サービスを受けたとき、かかった費用の全額をいったんサービス提供事業者にお支払いいただきます。自己負担分以外の保険給付額については、市役所介護保険課に支給申請していただいた後に、支払いを受けていただくことになります。(例えば、負担割合が1割負担の方が月に10万円分のサービスをご利用の場合、通常1万円の負担で済むものが、一時的に10万円全額をご自身で負担していただくことになります。)
【保険料を滞納してから1年6か月以上経過してしまったとき)
介護サービスを受けたとき、かかった費用の全額をいったんサービス提供事業者にお支払いいただきます。自己負担分以外の保険給付額について、支給申請があっても、その支払いを一時差し止め、差し止めた保険給付額を滞納している保険料相当額に充てることもあります。
【時効によって納付義務が消滅した保険料があるとき】
保険料が納められないまま時効(2年)にかかると、納付義務が消滅した期間などに応じて、介護サービスを受けるときの自己負担以外の保険給付額が減額されるため、自己負担分と合わせ3割の負担(負担割合が3割の方は4割の負担)になります。(例えば、負担割合が1割負担の方が月に10万円分のサービスをご利用の場合、負担割合が1割負担の方が通常1万円の負担で済むものが、この措置により3万円の負担となり、2万円の負担増となります。)また、高額介護サービス費などの支給が受けられなくなります。

お問合せ

所属課室:福祉部介護保険課

橿原市内膳町1-1-60

電話番号:0744-22-8108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?