ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 年金 > 国民年金受給者が死亡した場合の手続方法について知りたい。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

国民年金受給者が死亡した場合の手続方法について知りたい。

質問

国民年金受給者が死亡した場合の手続方法について知りたい。

回答

年金を受けていた方が亡くなられたときは、死亡届の提出をお願いします。さらに死亡者と生計同一の配偶者、子などがいる場合には、死亡当月分の年金が遺族に支給される場合(未支給年金といいます)もあります。詳しくはお問い合わせください。
1提出書類:年金受給権者死亡届(未支給年金請求書)
2届出期間:事由の生じた日から10日以内(国民年金は14日以内)
3届出窓口:受給されていた年金によって窓口が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
4届出人:詳しくはお問い合わせくでさい。
5必要なもの:詳しくはお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
【桜井年金事務所】桜井市大字谷88番地の1(電話0744-42-0033)
【市役所市民課年金係】橿原市八木町一丁目1番18号(電話0744-47-2639)

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?