ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 年金 > 年金を受けている父が先日亡くなりました。手続きはどうすればよいのでしょうか

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

年金を受けている父が先日亡くなりました。手続きはどうすればよいのでしょうか

質問

年金を受けている父が先日亡くなりました。手続きはどうすればよいのでしょうか

回答

■年金に関する死亡届の提出について
年金を受けていた方が亡くなられ,年金に関する死亡届を出していないときは,遺族の方などが10日以内(国民年金は14日以内)にお出しください。
届出用紙に,死亡年月日,年金証書に記載されている基礎年金番号と年金コード,生年月日などを記入してください。
届出が遅れ,亡くなられた月の翌月以後の年金を受け取ったときは,その分を後日返していただくことになりますのでご注意ください。
○必要書類:
・年金証書,印鑑
・死亡を明らかにすることができる書類(死亡診断書または住民票除票など)
○届け出先:
・厚生年金保険の年金,老齢基礎年金→故人の住所地を管轄する【年金事務所】
・障害基礎年金のみ,遺族基礎年金のみ→故人の住所地の【市役所市民課年金係】
・共済年金→故人の加入されていた各共済機関
■未支給年金の請求について
亡くなられた方がまだ受け取っていない年金があるときは,亡くなられた方と生活をともにしていた遺族の方が未支給分の年金を受け取ることができます。
<お問い合わせ先>
【桜井年金事務所】桜井市大字谷88番地の1(電話0744-42-0033)
【市役所市民課年金係】橿原市八木町一丁目1番18号(代表電話22-4001)

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?