ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 年金 > 国民年金:第2号(第3号)被保険者から第1号被保険者となる手続きについて

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

国民年金:第2号(第3号)被保険者から第1号被保険者となる手続きについて

質問

国民年金:第2号(第3号)被保険者から第1号被保険者となる手続きについて

回答

■厚生年金(共済年金)に加入していましたが、退職し自営業となりました。市役所に届出が必要ですか?
■夫が厚生年金に加入、妻は第3号被保険者。会社を辞め自分で商売を始める際、市役所に届出が必要ですか?
第2号被保険者→第1号被保険者(第3号被保険者→第1号被保険者)の手続きが必要です。
20歳以上60歳未満の方が会社や役所などを退職して、厚生年金(共済年金)の加入者でなくなった場合には、国民年金の「第2号被保険者」から「第1号被保険者」となりますので、市役所市民課年金係に資格取得届を提出していただきます。
また、退職した方に扶養されていた20歳以上60歳未満の配偶者がいらっしゃれば、その方も国民年金の「第3号被保険者」から「第1号被保険者」となりますので、市役所市民課年金係に資格取得届を提出していただきます。
<手続きに必要なもの(第1号被保険者資格取得届)>
・年金手帳または基礎年金番号通知書
・印鑑
・退職年月日のわかる書類(離職票、雇用保険受給資格者証、退職証明書など、コピーでも結構です)
※20歳未満または60歳以上の方は手続きの必要はありません。
<お問い合わせ先>
【桜井年金事務所】桜井市大字谷88番地の1(電話0744-42-0033)
【市役所市民課年金係】橿原市八木町一丁目1番18号(代表電話22-4001)

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?