ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 年金 > 国民年金の加入者区分はどうなっているか知りたい

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

国民年金の加入者区分はどうなっているか知りたい

質問

国民年金の加入者区分はどうなっているか知りたい

回答

20歳以上60歳未満で日本国内に住所のあるすべての方は,原則として国民年金に加入することになります。
国民年金の加入者(被保険者)は次の3種類に分かれており,保険料の納付方法が異なります。
○強制加入被保険者
(1)第1号被保険者/自営業者,農林漁業などに従事している方とその配偶者。20歳以上60歳未満の学生・専門学
校生。
(2)第2号被保険者/厚生年金保険・共済組合に加入者している会社員、公務員などで原則65歳未満の方。
(3)第3号被保険者/第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方。(サラリーマンの妻など)
○任意加入被保険者
(1)日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方。
(2)海外に在住している20歳以上65歳未満の日本国民の方。
(3)日本国内に住所があり,60歳未満で老齢年金か退職年金を受けている方。
○高齢任意加入の特例
加入期間の不足により老齢年金を受給できない方は,65歳以上70歳未満の間で受給資格期間を満たすまで加入できます。(昭和40年4月1日以前生まれの方のみ。)
<お問い合わせ先>
【桜井年金事務所】桜井市大字谷88番地の1(電話0744-42-0033)
【市役所市民課年金係】橿原市八木町一丁目1番18号(電話0744-47-2639)

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?