ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療被保険者が死亡したときの手続について知りたい。

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

後期高齢者医療被保険者が死亡したときの手続について知りたい。

質問

後期高齢者医療被保険者が死亡したときの手続について知りたい。

回答

被保険者が死亡したとき、葬祭執行者(喪主)に葬祭費として3万円を支給します。
※支給申請と同時に、死亡された方の資格喪失の手続も同時にしてください。
申請に必要なもの:
・亡くなった方の保険証
・葬祭執行者(喪主)の印かん
・葬祭執行者(喪主)の金融機関振込先口座のわかるもの(通帳など)
※葬祭を行った日の翌日から2年経過すると、時効によって受給権利が消滅しますのでご注意ください。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?