ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療保険料の納付方法について

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

後期高齢者医療保険料の納付方法について

質問

後期高齢者医療保険料の納付方法について

回答

保険料の納付方法は、年金受給額などによって、特別徴収と普通徴収の2通りに分かれます。
■特別徴収とは
年金の定期支払いの時に、あらかじめ保険料が差し引かれます。
原則として、保険料を差し引く対象となる年金の受給額が年18万円以上の方(保険料と介護保険料の合算額が受給額の2分の1を超えない場合)は、高齢者の医療の確保に関する法律第110条により介護保険法第135条を準用して、この年金から直接保険料を徴収します。
■普通徴収とは
納付書で納めたり口座から引き落としされたりします。
■保険料を口座振替にしたいがどうしたらよいか?
口座振替依頼書に必要事項を記入・押印し、預貯金口座のある金融機関の窓口で申し込んでください。
口座振替依頼書は、市内にある指定金融機関および橿原市収納代理金融機関の各支店および保険医療課の窓口に設置しています。
なお,申込みの際、預貯金通帳,印鑑(金融機関へのお届け印)、納入通知書など被保険者番号がわかるものを持参してください。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?